MENU

ためしてガッテンでシミの特集がありました!女性の肌のお悩み第1位は「シミ」!!

立川志の輔さん、小野文惠アナウンサーが司会のNHK「ためしてガッテン」では、2009年12月9日「あなたのシミ消します!冬の美肌復活大作戦」、2016年1月20日「戻れ!シミの消えた肌・冬こそ徹底対策」を放送しています。
赤いシミは”がんのタネ”が隠れていることがあるそうです。

 

2009年12月9日ためしてガッテン「あなたのシミ消します!冬の美肌復活大作戦」放送

ゲスト
東ちづる,ワッキー,山瀬まみ,

 

司会
立川志の輔,小野文惠

 

ワッキーさんのドアップです。

 

ためしてガッテン

 

これは表面にまだ出てきていない
皮膚の中に潜んでいる
ワッキーさんのシミのタネです。

 

黄色く縁どられているのが
全部シミのタネです

 

お肌の下には
こうしたダメージが蓄積している
将来いろんなシミになって出てくる可能性があります。

 

特に対策をしていただきたいのが
茶色いシミ赤いシミ

 

赤いシミを見つけたことありますか?

実はこれ絶対見逃してはいけないシミなんです

 

夏でもないのに日傘をさした怪しい男性
神戸大学名誉教授 市橋正光医師です。

 

われわれ皮膚科の者は、いつも持っているんですけど、
これで調べます。
取りだしたのは愛用の拡大鏡。

 

赤いシミ決して見逃しません

 

少し赤みがかかっている。
確かにかさぶたのような赤いシミ。
ためしてガッテン

 

この辺りは怪しいから、
ぜひ皮膚科に行ってこの辺りを
検査してもらったほうがいい。
悪くなる可能性がある。

 

赤いシミの正体は?

ひょっとすると初期かもしれない。
がんの一歩手前。
日焼けによるがんのタネ

 

表皮というのは、だいたい0.2mmぐらい
とっても薄いんですが
がんのタネが今出来ている状態です。

 

がんのタネができると、免疫細胞が集まってきます。

 

がん細胞と戦ってやっつけようとしてくれます。
その時、同時に血管が太くなります。
これはたくさん免疫細胞を運んできたりするわけです。
太くなった血管が透けて見えるのが、赤いシミです。

 

赤いものそのものががんではなくて、
赤いシミはがんのタネができてますよ、
と知らせてくれるサインなんです。

 

日焼けによるがんのタネは赤色が多い。
茶色いシミががんになる可能性は低い。

 

赤いシミを治す塗り薬のパワーを大公開!

この薬のすごさを体感したのが、鯨岡さん。

 

3年前のある日、額の赤いシミに気づきました。

 

きちんと診察してもらおうと病院へ行った鯨岡さん
症状を伝えたところ
湿疹を抑える一般的な塗り薬を処方されました。

 

しかし一向に症状は治まらない。

 

4軒目の病院へ。
診察を受けると初めて、違う薬が出されました。

 

小さなシミが薬を塗ったとたん、
みるみる大きくなって
ぐじゅぐじゅした姿に。
ためしてガッテン

 

別の方がこの薬を試された写真

おでこに赤いシミが2か所あります。

 

1週間たつと増えちゃった。
ためしてガッテン

 

そしたら3週間後。
全部お見せするとショックが大きいので、
一部隠しましたが、全体がこんなになりました。
ためしてガッテン

 

患部がぐじゅぐじゅになっていた鯨岡さん。
改めて今その部分を見せていただくと
1か月ほど薬を塗り続けたところ
すっかり赤みがおさまって
きれいになりました。

 

かゆくもないし、なんともないし
すべすべしたから白くなった

 

ためしてガッテン

 

この薬を処方された信州大学名誉教授
斎田俊明医師さんは、
赤いシミ研究の第一人者です。

 

一見正常に見える
タネみたいな病変の所にも効果を発揮して
そういう細胞を攻撃できるということです。
あぶり出し効果といいます。

 

赤いシミができている場合
そのまわりにまだ目に見えていない
がんのタネがたくさんできていると予想される。

 

だからこの薬を使います。
イミキモドクリームといいます。

 

この薬は皮膚の中の
免疫細胞を活性化させる力があって、
免疫細胞たちにがん細胞と戦わせるんです。
どうしても炎症が起きる。
その炎症があのぐじゅぐじゅです。

 

赤いぐじゅぐじゅは途中経過です。

 

日焼け対策の落とし穴

がんのタネを作らない日焼け対策
意外な落とし穴を発見!

 

神戸大学附属病院
皮膚科講座助教
国定充医師

 

私たちの肌まで届く紫外線は
UV-A
UV-B
の2種類です。

 

UV-Aの方は、即時型色素沈着といって、翌日には消えてしまいます。
赤いという炎症反応がほとんどない。
UV-Bの方は、肌を赤や黒に日焼けさせるものです。

 

日焼け止めクリームには、
SPF50+
PA++++
のように書かれています。
PAがUV-A対策です。
SPF50+がUV-B対策です。

 

紫外線の量

冬になるとUV-Bは夏の約5分の1に減るが、UV-Aは夏の約2分の1程度にしか減らない
冬でも結構残っているというのが特徴です。

 

そうなると
紫外線とがんのタネの関係
UV-Bは黒く日焼けさせると同時に細胞のDNAを破壊してしまいます。そうするとがんのタネができてしまう。
でも私たちの体には、ありがたい機能が備わっていて、DNAの壊れたものを治してくれます。
だから、ちょっと日焼けしても皮膚がんにならない。

 

でも、困ってしまうのは、
UV-Bで細胞のDNAが壊されてダメージを受けた状態。
ここにUV-Aが差し込みます。
UV-Aは、肌の奥深いところまで届いてしまう。
届いた上に、活性酸素を発生させます。
この活性酸素が壊れたDNAを修復しようとするシステムを弱くしてしまう
壊れたDNAが治せないので、どんどん壊れた細胞が増えてがんのタネができてしまう。
これがある日突然どーんと増え始めると、はっきりとがんと呼ばれるようになるんです。

 

日焼けした黒色=がんだと思っているけど、全然色が焼けてないのに、中が恐ろしい状態に向かっているのが、あまり知られていない。
冬になると肌が白くなり、紫外線の量を受けやすくなるのでUV-A対策も大事

 

UV-A対策はこちら
PA++++
+の数が多いほどUV-Aを防ぐ働きが強い

 

散歩など日常生活ではPA+〜++
屋外レジャーではPA++〜+++が目安。

 

日光角化症(にっこうかくかしょう)

がんのタネである。
・触ると表面がザラザラしている
 触ってみると、指先にチクっと感じることもある。
・2〜3か月たっても赤みがひかない。
・冬でも赤みが増える。

 

今年の夏に日光に当たったから冬に出るわけじゃなく、
子どもの頃から日に当たってきた結果できてしまう。
がんのタネのタネができてる。

 

かゆみや痛みなどの自覚症状が少ないが、放っておくと皮膚の深くまで進行する場合も。
有棘細胞癌(扁平上皮癌)(ゆうきょくさいぼうがん)という本当のがんで、転移もするし、生命にもかかわることになる。
ですから早期発見、早期治療で手間をかけずにきれいに治すことができる。

 

イミキモドクリーム
細胞の検査なども行い病院で処方される。一般的なシミの薬ではありません。

 

液体窒素での治療

もっと簡単な治療で済むものもあります。

 

赤須医院
赤須玲子院長
先生が取り出したのは液体窒素です。
液体窒素に浸した綿棒を数回顔の患部に当てます。

 

トータルで1分以内で終わります。いたって簡単な治療です。
マイナス196℃で皮膚を凍傷にかけてしまう。

 

がんのタネがまだ小さく少ないと診断された場合、皮膚の表面を凍傷させうすくはがす。

 

がんと言っても皮膚の浅いところのがんなので、早いうちに見つかれば簡単な治療で治せる。

洗顔だけで2トーン上の明るい肌に【どろ豆乳石鹸どろあわわ】

★☆ 定期コースで【初回半額】 どろ豆乳石鹸「どろあわわ」 ☆★  

 

美肌になれるどろあわわ洗顔の秘密

  • 2種類の泥パワーで毛穴の汚れと黒ずみをごっそり吸着。ムリヤリ押し出したり、ゴシゴシ傷つけると悪化の原因に。
  • 濃密泡であしっかりと弾力があるので肌を摩擦しない
  • 3種の保湿成分(豆乳発酵液・コラーゲン・ヒアルロン酸)でうるおい・ハリを与えてしっとりもちもち

 

お肌のお悩みに!どろあわわ♪

 

どろあわわ

 

どろあわわ

 

 

詳しくはコチラ↓